【interview】共通するのは、顧客の課題を解決すること

【interview】共通するのは、顧客の課題を解決すること

  • 事業開発本部 本部長

    中村真也

2018年入社。新卒よりアクセンチュア株式会社勤務。某大手ナショナルクライアントのプロジェクトマネージャーを歴任した後、シンガポール国立大学に入学し、MBAを取得。現地シンガポールにて、株式会社野村総合研究所 ノムラ・リサーチ・インスティテュート・シンガポールに従事した後、ファインドスターに参画。現在は事業開発本部 本部長として、新規事業の開発、戦略立案を推進している。

 

東南アジアの成長スピード、

ファインドスターにある共通する土台

 

-ファインドスターに転職を決めたきっかけは何だったのでしょうか?

直接のきっかけとしては代表の渡邊から誘われたこと、になります。なぜファインドスターなのかというと、シンガポールで、世の中が大きく変化していくその過程を直接感じたから。

 

-どういう意味ですか?

東南アジアの成長スピードはものすごく速い。特にITの分野では、企業がものすごく早いサイクルで、いろいろな事業やサービスを作っていました。それと同時にやっぱり人の成長スピードもすごく速かった。そういうなかで働いてきて、やっぱり日本の企業に対する危機感みたいなものが生まれて、そういう温度感を日本でもやっていくべきだろうなと思い始めたんです。そうなったとき、やっぱり大きい会社ではできない。ファインドスターのグループっていうのは起業家を育てるマインドがあって、既に10以上の会社を作っていた。僕が東南アジアで感じたようなスピード感を醸成する基本的な土台みたいなものがあるんだろうなと漠然と感じていました。

 

-なるほど。そのスピード感を具体的に説明いただけますか。

例えば2017年に、突然、シンガポール中に自転車が置かれて、それがシェアリングチャリンコみたいなやつで、それでみんなが出社し始めたりするんですね。そういったサービスが世の中に、数ヶ月で浸透して生活が変わっていく。東南アジアでは「Uber」ではなく「GrabTaxi」という配車サービスが一般的なのですが、携帯で、自分のいる場所で行先を地図上で選んで、名前で検索して、ピッと押せばタクシーが来る。そういうものがあっという間に生活のインフラの一部になっていった。そういう様々なサービスが驚くようなスピード感で生活に侵食していくのを何度も体感しました。このスピード感で事業を生み出す側にまわりたいと思ったし、ファインドスターの土壌はそれに合致していると感じたんです。

 

共通するのは、

顧客の課題を解決すること

 

-いままで働いていたコンサルティングファームとファインドスターは、かなり事業領域が異なります。

この先も企業ができないことを手伝ってくれるようなコンサルティングビジネスは絶対残る。でも彼らが持っている事例を実際に使うのは結局広告主になる。そう考えると、主体はやっぱり事業会社側になっていって…コンサルティング会社の優位性みたいなものは、少しずつ薄れていくんじゃないかと思っています。広告代理店のビジネスもコンサルティング似ていて少しずつ価値が薄れていくように感じている。だから、新規事業を考えるうえでは、いまは代理店のポジションだけれど、自分たちで事業をやっているというものを生んでいかないといけないと考えている。自分たちは、実際の顧客と接しなかったり、顧客のデータ自体を持っていなかったりするので、新しい事業として、“自分たちのサービス”を作っていきたいという想いはあります。

 

-20年近くコンサルティングファームで働いていると、仕事の仕方とか、マインドとか、基本的な価値観みたいなものはそこで培われますよね。いま、事業開発本部の責任者をやっていて、そこに共通しているなにかはありますか?

それは“顧客の課題を解決する”っていうことなんだと思う。新規事業も顧客が困っていることに対してアプローチするということが絶対的に必要だと思っていて、それはコンサルティングと絶対に同じ。最終的にはクライアントがいるけれど、そのクライアントの、その先の顧客を見ながら仕事をするということは共通していると思います。

 

-なるほど、それを踏まえて事業開発本部をどういう部署にしていきたいですか。

いま、ファインドスターは営業が強い。ただ、実態としては自分たちでモノやサービスを作っていないので、そこを作りつつ、強みである営業が売っていく形が理想なのかなと思っています。AI系の、テクノロジーの会社にはこれほどの営業部隊はいないので、ものを作っても売りに行けないジレンマがある。その点、ファインドスターの場合は、膨大な顧客リストがあって、スタートアップのIT企業に比べたら、圧倒的に顧客にコンタクトしやすい状況にあるし、営業のノウハウも凄くある。ITのサービスを作りつつ、それを営業として売っていくという、両輪があることが、今後必須になってくる。極論を言えば、ファインドスターが広告代理店から違う業態に変わってもいいと思っています。

一覧ページへ戻る